1. 無料アクセス解析
カズの改造って楽しい~Ⅱ
ガンダムコレクション、MFS等を中心にフィギュアの改造をしております(∩_∩)ゞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デカール貼って完成♪
デカール貼りましたぁ~

DSC05895.jpg


今回、自作デカールは…


無しで済みました(^_^;)

アップで見るとこんな感じです~(*^^)v

DSC05896.jpg



これにまたまたトップコート(光沢)を数回吹き付け、光沢感を増やしてます


DSC05901.jpg


画像では、ほとんど代わり映えしてませんが、こればっかりは仕方ないですね~





で、充分乾燥させてから、組み付け~

DSC05902.jpg


























台座の方は、1万ヒット御礼企画の作品たちに使った物と同じものを作って
間にガンダムデカールと自作デカールを貼りました

DSC05903.jpg
デカールにした理由は、“厚み”です!

これが一番厚みが薄いので、2枚のアクリル板の隙間が気にならないので、デカールだけにしましたぁ~


支柱はM3の丸ビスにステンレスパイプを半田付けしてそれらしく支柱にしてみました(*^^)v



って事で、バックスタイルはこんな感じ♪

DSC05939.jpg


結構良い感じに、光沢感が出てるんじゃないでしょうか~

艶々のHi-νもイケますよね♪

DSC05946.jpg


オクの方ですが、今出すと連休の真っただ中に終了になっちゃうんで
来週の土日辺りに出品しようかと思いま~~す
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

Hi-ν塗装完了♪
CONOCON5開催決定~~♪
img_326226_1664837_22.jpg

CONOCONって何~?って方はこちらをご覧ください~♪


前回のCONOCON4から参加させていただいてる新参者ですが
今回も参加しようと思います~


テーマとかはまだまだこれからの様なので、まずはCONOCONが始まるぞぉ~!
っていうワクワク感に浸っております(^^♪



で、タイトルのHi-νはというとぉ~




まずはバラバラ、串カツ画像から

DSC05850.jpg
洗浄は眼鏡用超音波洗浄機を使って洗浄しております


これにメタルプライマーを吹き付け、サフ吹き

GXの“クールホワイト”を下地に
ホワイト+スーパーシルバー(少々)+ホワイトパール(たっぷり)+蛍光イエロー(微量)
で調色したものを吹き付けました~

DSC05857.jpg



で、今回は先に筆塗りを済ませちゃいました~

DSC05868.jpg

赤は先日作ったサザビーで使用した物を使用
黄色はクリアイエロー+ホワイトパール+クリアレッドを混ぜたものを使って塗っております


ちなみにこの黄色で百式のゴールドを再現しようと思ってます



充分乾燥させてから、マスキング、黒い部分を塗るためにスーパーシルバーを吹き付けました♪

DSC05883.jpg




で、これに~


スモークグレー+クリアブルー+クリアレッド+クリアイエロー+グリーンパールを混ぜたものを吹き付けました

DSC05884.jpg

なんか、メタリックなチョコレート色って感じ♪


な・の・で!


クリアブルーを薄く吹き付け、最後にスモークグレーで調子を整えました

DSC05885.jpg




さあ~て、苦労の成果は~


DSC05890.jpg

なかなか良いんじゃないでしょうか(*^^)v




ここまで来たら、ゴールが近づいてきた~っ!って感じですよね♪






DSC05893.jpg


微妙な違いに見えるけど、シャーペンでスミイレ
トップコート(光沢)を数回吹きつけました




アップで見るとこんな感じ♪♪

DSC05894.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

調子に乗って、もういっちょ真鍮細工♪
はい!
今日も百式です~


次回あたり、Hi-νの塗装の方、アップできると思います~


で、百式ですが


まずは背中の羽根から


DSC05873.jpg

外した羽根を参考にプラ板で切り出してみました~(^^)

大きいのが1ミリのプラ板から、小さいのが0.5ミリのプラ板からです



これを貼り合わせて、形を整えたのがこちらです~


DSC05880.jpg


結構、プラ板細工も板についてきました~(プラ板だけに…(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)










さぁ~って、今回の目玉ぁ~


真鍮で動力パイプを作ります!!



DSC05874.jpg


まずは1ミリの真鍮線と内径が1ミリの真鍮パイプを用意します~

真鍮線の方は、“なまし”て柔らかくしておきます



“なまし”とは真鍮線を赤くなるまで熱して徐冷することで、柔らかくすることなんです(^^♪
前まで、急冷させると思ってたんですが、間違って覚えてました(^_^;)

(ちなみに銅の場合は、急冷させて柔らかくします)



で、これを最近のマイブーム!半田付けで合体!!



DSC05875.jpg




見た目、汚いですけど、この後の工程で綺麗になります(^^♪





この半田付けした真鍮を自家製旋盤もどきで掴んで回転~
ニッパーで、挟んで“くびれ”を作って行きます~

DSC05876.jpg

この旋盤もどき、初登場はこちらです~



最後に回しながら紙やすりで綺麗にしたのが、こちらでっす(*^^)v

DSC05877.jpg




でもって、これを取り回しを確認しながら曲げていって、完成!!

DSC05878.jpg




同じ要領で、一回り細い動力パイプをつくって、バックパックの動力パイプに♪


DSC05879.jpg
(右がノーマルのままの物です)




これで全パーツ揃ったので、最終の仮組です~


DSC05881.jpg




ぐっどぐっどぉ~♪

これで百式も塗装に突入でっす(*^^)v

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

真鍮細工♪
Hi-νの塗装も順調に進んでおりますが
今日も百式です♪



百式のすねカバーなんですが、中にシリンダーが入っているので
肉抜き加工してディティールアップしたいとこなんですが
肉抜きするだけだと、弱くなっちゃいそうだし
塗装の事を考えると別パーツにする方が良いんじゃないかと♪





で、プラ板で行こうかとも思ったんですが
強度的に、プラ板でもまだ頼んない感じがしたので



DSC05858.jpg

真鍮で行きま~~す



画像の様に開いた状態の形状で真鍮板を切り出してみました(*^^)v
厚みは0.3ミリの物を使っています



で、中に入れるシリンダー


もちろんこれも真鍮で造りました♪

DSC05859.jpg


先っちょの白いのが1ミリの角プラ棒です
本体の方はサイズの違う真鍮パイプ(WAVEのCパイプを使いました~)を半田付けで接合
取付用の0.5ミリの真鍮線も半田で付けました






百式の元のカバー部分を切り取って、真鍮製のカバーを折り曲げ仮組でっす

DSC05861.jpg


ニヒっ♪

結構良い感じじゃないですか~\(^o^)/



腰から下を仮組してみるとこんな感じ(*^^)v

DSC05864.jpg











調子に乗って、指も真鍮板から作ってみました

DSC05871.jpg

頭部のアンテナは0.3ミリのピアノ線に換装してまっす♪









ここまで来たら、やっぱメガバズとのツーショットが必要ですよね~


DSC05870.jpg


定番ポーズですが、良いんじゃないでしょうか~~(^^♪




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。